Pro Qualifier の出場条件の変更

NPC Worldwide Official より変更内容が発表されました。その内容は、

2022年1月1日より、Regional 証明書の有効期限は、同年内でのみ有効

となります。

Pro Qualifier の出場条件

2021年までは、出場した Regional Show を起算日として、最大約1年間に開催される、Pro Qualifier に出場することが可能でした。

しかし、2022年1月1日以降は、Regional Show  の出場日に関わらず、2022年12月31日までに開催される、Pro Qualifier のみ出場でき、以降は、毎年1月1日から12月31日までが対象期間となります。
※2021年の Regional Show は2022年の出場条件期間には含まれません。全てリセットされます。

ただし今回は移行期間のため、特例として下記の2つの要件に関し IFBB Pro Leageue より許可を得ましたのでお知らせいたします。

  • 5月21日(土)に開催される、Pro Qualifier「Hidetada Yamagishi, Iris Kyle Japan Classic」の前日、5月20日(金)に、Regional Show を開催する(詳細は追ってご連絡いたします)。
  • 2022年12月10日(土)に開催される Regional Show「World Legends Classic」”のみ”、日本限定の特例として日本人および日本在住の方に限り、Regional 証明書の有効期限を2023年12月末までとする。

図解すると以下のようになります。

海外Pro Qualifier出場時の証明書の発行について

国内外問わず Pro Qualifier や、Olympia Amateur をはじめとする IFBB Pro Card が獲得できるコンテストに出場する場合、日本国内で行われる、リージョナルコンテストに出場していることが条件となります。

その際、チェックイン時に 日本国内で開催するプロモータから発行される証明書(及びパスポート)を提出することが義務付けられます。

FWJ が運営する、リージョナルコンテストに出場した選手の方で、海外の Pro Qualifier 及び、Olympia Amateur 等に出場希望の方は、FWJ事務局までご連絡ください。適時「証明書」をお送りさせていただきます。(紛失された場合の再発行は致しかねますので、大切に保管してください。)
※FWJ Regional Showに年内出場し、5月Pro Qualifier 及び 11月Olympia Amateur Japanに出場する場合は証明書提出は必要ございません。

こちらに関しては、本人がこの改正されたルールを知っているかどうかは問題とせず、無条件で失格となります。

上記の日本以外の対象者(国の選手)が、FWJ が運営する、Pro Qualifier や Amateur Olympia Japan に出場する際は、対象国のプロモーターが発行する証明書のチェックを厳重に行うこととなります。

以上となります。ご注意ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう